■結婚式に二次会はつきもの、でも?
結婚式の後の二次会というのは、今はもうつきもののようになってきています。ゲストのなかには、式に出られた方もそうでなく二次会だけ出席と言う方もいらっしゃると思いますし、値段設定の他に新郎新婦との関係性によっても出席かどうかも決まってくると思います。

なかには二次会の費用もいくらか新郎新婦やそのご家族でだされる場合もあるかもしれません。せっかく気の置けない仲間との二次会ですから、招待した方にできるだけ多く、それも気持ちよく参加してもらいたいですよね。

では、会費を集める場合いったいどのくらいの会費が適当なのでしょうか。

■会費別の出席をためらう値段は
2次会に招かれるような人というのは新郎新婦と同年代が多いと考えれれます。ですので、個人差はあると思いますが、そんなにお金に余裕のない方も多いと言うのが実情ではないでしょうか。

まして、結婚式からの流れとなるとどうしてもそちらの方のご祝儀等も必要になってきている方もいらっしゃいます。そして、結婚式が2次会への出席が立て込んでいて、ピンチな方もいらっしゃると思います。

二次会まで外で時間を潰す女性達

こういうお祝い事とかは時期的にも重なることも多いのでなおさらだと思います。だいたい8000円ぐらいを境に2次会への出席をためらう方が増えてくるようです。

例えば、二か月に2次会だけで3件あったとしたらそれだけでも24000円になります。これは確かに若年層のサラリーマンには痛い金額だと思います。

■会費が8000円以上だとこんなイメージも!
会費、特に女性の場合の会費が8000円以上だと、もちろん、場所や内容にもよりますが、黒字化させようとしているんじゃないかという疑いの目で見られることもあるようです。

2次会って、いくら豪華にしても分かりにくい部分もあるので、あまり高額な会費というのはこのような評判がたってしまって、せっかくの結婚に水をさすようなものになりかねないです。

■では、2次会の会費ってどれぐらいが適当?
以上のような話を総合すると、やはり男性7000円、女性5000~6000円といったところが、みなさんがよろこんできていただける会費設定なのではないかと思います。

もちろん、新郎新婦や出席予定の方にもよりますし、会場や内容にもよりますが、中身よりも会費の高い・低いが印象に残ってしまわないように気を付けましょう。