飲み会でも二次会にそのまま進んでしまう事がありますが行く行かないの基準ってのが少なからずあると思います。その基準は人によって差はあれど大体こんな基準で固まっている人が多い様です。

もしかしたらこれを見ている貴方にも心当たりが1つや2つあるかも…しれませんね?

「時間」

二次会は一次会より少し間を置いてやるのが殆どでその分後の時間になってしまいます。なので時間を理由に行きたいけど二次会に行かない人も多いです。遅ければ遅いほど

  • 帰りの電車やバス等の公共交通機関の本数が減っていく、下手をすれば帰りたくても帰れない状況になりかねない、タクシーは高いから尚更使いたくない
  • 明日も仕事だから出来るだけ早く帰って休みたい、これ以上の長居は翌日の勤務に影響が出る
  • 純粋に帰りたい、もう疲れたので早く家で寝たい

等の理由で行かない選択肢を選ぶ人が現れて来ます。

二次会の為に発注されたシャンパンとグラス

「予算」

二次会になるともう一回分一次会と同等のお金を用意しないといけなくなります。そうなると社会人と言えどなかなかの痛手です。

なので予算を理由に二次会へは行かず大人しく帰宅を選ぶ人もいます。お金はそう簡単には用意できないし急に入った場合はなかなか対応なんて出来ませんからね…

「参加メンバーに難あり」

二次会へ行くのは別に良いのだけれど面子が

  • 好きじゃない人
  • 嫌いじゃないけどそこまで仲良しじゃない人etc

どうもノリ気になれそうにない面子ばっかりだと仕事の付き合いであろうとちょっとこれは…と上記の様な建前を用意してやんわりと断る人も多いです。

一通りコミュニケーションは取れるけれどそこまでして二次会に参加する程ではないとシビアな判断を取られる方もいるようです…

「体調面で厳しい」

一次会で大量にお酒等のアルコールを摂取し明らかにベロンベロンに酔っている人や体調不良な雰囲気だと参加する以前に誘われる事すら無い方もいます。

無理に二次会へ連れて行くぐらいなら帰した方がマシと周りの方から判断される事が多いです。行く行かないの基準のスタートラインにすら立てれない人もいる物ですね…大まかな基準はこの様に分けられました。

飲み会の二次会に行けるかはその場その場で変わってくるから絶対とは言い切れませんがこんな判断素材があるものだとよく分かる話でした。

■渋谷区での二次会の景品を選ぶならこのサイト!
■結婚式二次会景品や忘年会の景品なら|景品応援団
<■URL:http://www.keihin-oendan.com/